vol.65ある日、僕はアンドロイドに出会った。第2章リスタートボタン

syohei 88

短くてもためになる面白い1文

こんな、こと書いてもためになるか分からないが

まー、暇つぶしに見て欲しい。

2度目の人生
もし、2回の人生があると知っていたら人はどのように今を生きるのだろうか。
「あと、1回人生があるから」と人は1度目の人生の時に言うのだろうか。
もしくは、「1回目の人生がこうだったから」と2度目の私は言うのだろうか。
私は、記憶がなく一度目の人生だが、ひょっとすると今は二度目の人生かもしれない。

1つの選択
A、B、Cとあなたは毎日選択しているが、その選択は人間固有的な価値観から生まれた1つの方法である。
「やらないと言う選択」「Dと言う新しい選択」「全部やる選択」はこれまでに何度もあったが、
大切なのは、どれを選ぶのではなくて、早く決断することなんだ。
なぜなら、早く決断すれば、失敗したとしてもその分早く
やり直すことができるから。

「私ね、実はこれで2回目の人生なの」突然の告白に言葉は出なかった。
アンドロイドは、2度目の人生と歩んでいる。そう分かったのは3日前の夕食のことだった。

珍しく、彼女は「今夜、夕食行こう」と誘ってきたのにはこのためだった。行きつけのレストランへ車で移動した。
いつもなら、積極的に話してくれるも今日は、人間の店員さんに地元とのトマトハンバーグととれたて野菜の冬のサラダを2つずつ頼んだ。
窓に映る店内の様子は静でどこか寂し気な雰囲気があった。テーブルの上にあった水を一口飲み、彼女は話を切り出した。
「私、あなたに話さないといけないことがあるの。」畏まって顔を無にしながら話し出す動作にはもう慣れたが、この日の違和感は少しばかりか伝わった。
47年前。人はまだ、人工知能による情報処理により生活は必然と便利になると誰もが思っていた。国の政策は不安定ながらも少しずつ前を向いてきてる、そんな気がした。
オリンピックが国内で開催されることもあり、景気は悪くなかったが余裕な心を持つものはそう、多くなかった。
溢れだす情報を目の前に、若者はウイルスのように人へモノへと感染し、一種の軍隊のゆうに平然と厳しく他人を批判した。
そんな中、まだ、この国は動かせる。
そう心に誓った一人の研究者が動いた。彼の名は、アイスケリー。ノーベル賞といった名誉を受賞は何もなく、研究にも熱心ではなかったが
人口テクノロジーと自然の調和に非常に高い関心があり、業界内では偉人と呼ばれ人から愛されていた。
そして、彼は13年かけようやく研究発表までたどり着いたとき、ある1本の電話が彼を事件へと巻き込んだ。
「。。。」「私だ、2回目の私」
2回目の私。それは、1回目の人生を歩んだ過去の私からだった。

88 thoughts on “vol.65ある日、僕はアンドロイドに出会った。第2章リスタートボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

+ 45 = 51

Next Post

もやもやした日はどうすれば?

もやもやした日にすること。 もやもやする。 自分らしさが消えていき、他空間に飲み込まれるような感じ。 […]

Subscribe US Now