vol.7 無言の食事

syohei 17

これほど、退屈な時間はない。

せっかく作ってくれた母さんのご飯。

味はいまいちだが、もう2年すれば毎日食べられない。

そうなのに、父さんが入ると自然と沈黙の時間が始まる。

母さんは、まだ話せている方だが

父さんは、もう、、、

お互いが嫌いなんだろう。

話しかけないってことは、

最近、我が家の父さんと母さんを見て

結婚と主婦と仕事を考えるようになった。

絶対に沈黙の食卓なんてしない。

こう書くと、私と父さんが仲が悪いように思うが、

実は父さんと母さんの方が仲が悪い。

そんなこんなで

私は、早く家を出たい。

見える喧嘩はしなくても、沈黙の時間が多ければ多い程

喧嘩に発展していく

嫌なんだ。

もう母さんと父さんがぎくしゃくしている姿を見るのは

私も、父さんと暮らすのが限界なのかな

早く就職してほしそうに、いつも考えてるんだろう

私は、だから東京にいく。

関西から離れる。

そして、1年後に帰ってきて

成長した姿を見せてやる。

17 thoughts on “vol.7 無言の食事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

− 5 = 4

Next Post

vol.8 年収か好きな仕事

国家公務員を目指すと言ってから キャリアセンターや図書館で「国家公務員」 について調べ始めた。 税金 […]

Subscribe US Now