富士山登山日記【9章→10章】

2019年6月20日 0 投稿者: syohei

見てみて!良い写真が撮れたんだ!

光の当たりと木々の木陰が絶妙に良い感じになった一枚。
河野さん写真撮るの上手すぎます

地面は乾いていたり、湿っていたりいろいろ

アスファルトもなければ、標識なんてものは無い

道は砂利道だけが頼り、周りは草木が茂っている

苔は富士山の空気を吸ってライトグリーンになっている

虫は、蚊が多いと思ったが、

そこら中に蝉がいる。

蝉「ミーン、ミーーン、ミーーン」

ずっと蝉。蝉。蝉。蝉

富士山で一番多い虫は?と聞かれば

蜂も答えの1つだろう。

この蜂🐝さんは優しい。

小さくて、可愛くて、かまない(たぶんw)。

このキノコ🍄ちゃんは、、、、「〇〇〇きのこ」です!(分からなよw)

🍄「・・」

僕「・・」

🍄「ジーーー・・」

僕「・・(ヒェっ?!)」

🍄・・」」」

僕「ええええええw(なんかおいでおいでしてるw)」

🍄「きのこ―の子元気な子!・・」

僕「しゃべったwwwwww」

タオルを首から下げるのには理由がある。汗を拭く以外にも、バックパックの肩からの背負うアーム?ベルト?が痛い。それを少しでも痛みを和らげるためにする

おじいちゃんたちと合流し、なんとか

来るべきところまで来れた。

富士山登山1日目は緩やかな勾配で歩いてきたが、

2日目となると(本来は3日目だがw)

およそ3倍の勾配になった。

この時から、肩と腰が痛み始めた。

昨日、十分に休憩しゆっくり眠れたが

どうやら、肩さんと腰さんの調子が悪いらしい

そして始まる、謎の会話w

脇汗wwwwwwwwは見ないで、見よ!この壮大な景色!

僕の肩「元気かい、腰」

僕の腰「元気じゃないよ、肩ー」

僕の肩「もう限界なんだな、腰」

僕の腰「そうなんだよ、でも足が動いているんだ」

僕の足「僕のせいにするのかい?w」

僕の腰「足が動けば、全体が揺れるんだYO」

僕の足「脳が命令しているんだw」

僕の脳「・・」

僕の脳「やあw」

僕の足・腰・肩「ジィーーーー・・」

僕の脳「( ;∀;)」

なぜ、このポーズになったw 行進でもしているのかなw

富士山はもっと寒いのだと勝手に思い込んでいた。

しかし、そうではない。

見る通り、薄着である。

風は強く吹いている。

富士山でこの快晴は珍しいらしい

この瞬間はバストショット!

(バストではないw、ベストだw)

 

そして、なぜkiotuke? なんだかたのしそうだから良しwww