富士山登山日記 🗻1日目

syohei 36

【 No.5】
序章 僕のスタート地点はどこ行った?

東静岡駅には早朝に着いた。
天候曇り。朝6時半だと言うのに、蒸し暑かった。Twice boyとお別れを言い、僕は吉原駅まで移動した。

ここが海抜0mである。わざわざ、海岸沿いまで足を運びここまできたのは、理由がある。スタンプラリーの1個目のポイントは、海抜5mくらいだからだ。ここでは。釣りをしている人たちがいた。
                                        富士山登山中 撮影

ここまで本当に順調に進んでいた。
出会う一人一人に感謝したい。スタートも順調に見えた。(これ楽勝なんじゃね?)

あたりは、どんよりとしていた。目視では、山すら確認できない。          富士山登山中 撮影

しかし、事件は起きた。(というより。やっぱり起きるw)
海抜0㍍である灯台を発見するも、富士山が確認できない。のである。
今から登る高さや方向、座標を確認できないまま、出発するという斬新な始まりだった。

(🗻どこ( 一一))

しかし、事件は続く。
予定では、8時までには出発地点のスタンプラリーの1つを押すはずだった。
見当たらない。見当たらないのである。(そう、見当たらない)
GPSを作動させるも、あいにく私の携帯は、初期化して以来気分が悪い。自分が止まっているのに、勝手に動くなんてのは日常茶飯事なんだ。(なんと、素晴らしい携帯w)
頼れるのは、印刷してきたマップ。
しかし、これも役には立たない。縮小されて細かい道まで見えなかった。(見えるかw)
僕のスタート地点はどこ行った?

かれこれ2時間が経過し、真夏の日差しが容赦なく照らしてきた。(ぐるぐる回っていたwwww)
暑い。
僕は、全力で出会う人、一人一人に道を尋ね、ようやくたどり着いた。

たどりついた、。この顔であるw(はじめのポイントでこんな苦戦しててなのかw

スタート地点である場所は、「富士塚」という場所だ。もう1つの出発地点は「田子の浦」である。
この先行きは心配である。ここらで朝ごはんでも食べるか。

最初のポイント。富士塚。

この時点で汗は滝のように流れ、水も一本消費していた。
過酷な旅になりそうだ。
曇りなんだが、太陽が自分の顔にあるような気がした。

36 thoughts on “富士山登山日記 🗻1日目

  1. angina on her usual and backside that selectively got anabolic. [url=https://ciamedusa.com/]tadalafil[/url] Jtrqft qaxpsc internet cialis cialis cialis generic

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

56 + = 59

Next Post

富士山登山日記 登山前日編

No.4】序章僕のスタート地点はどこ行った? テスト当日富士山登山前日 いよいよ、富士山登山前日!あ […]

Subscribe US Now