Dissociation of ions

Dissociation of ions

2020年6月24日 124 投稿者: syohei

比電気伝導率(k: カッパー)を測る場合、セル定数を使うのはなぜか。また、セル定数を使って、どのように未知資料電解液のkを決めるのか。
長さや面積を放置した方が都合が良いのである。なぜなら、
R=1/k×ℓ/Aよりk=1/R×ℓ/Aのℓ/Aを別々に測らない。つまり二回測るのである。このセル定数は同じ装置を用いているので「器具に依存する定数」として判断できるのである。つまり、セル固有の定数「セル定数」として同じ装置なら変化しないとして扱うことができる。計算方法は以下の通りで求められる。
kが既知の液をつかってRをり、ℓ/Aをセル定数として知る。次にℓ/Aを変わらないとして未知の液kを測る。

電気伝導率を測るセルはなぜ用いるのか、説明しなさい。構造の効果についても説明した。その効果はこの問題の理由として重要である。

どうすれば実験器具に液を入れられるかの問題もあるが、筒を付けてもイオン電流により伝導率が等しくなくなるからと理由がある。しかし、温度が上がるると容器のガラスがふくらんで電極が離れようと同時に、膨張して電極同士が近づこうとする。こちらの2つで電極間の距離が一定になる。これがこのPt電極を用いる理由だ。構造の効果により、気泡が混じったりする場合も考慮しなければならないのである。
完全な密閉状態が温度変化として保つのが現実的には困難である。