京都引っ越しヤシマ作戦 1.5日目 

京都引っ越しヤシマ作戦 1.5日目 

2020年5月27日 0 投稿者: syohei

頭が痛い。夜ただいま0時19分。頭痛が激しい。生活でPCとスマホを触る時間が増えたのは事実だが、なにより作戦を立ててから妙に頭が痛い。気持ちを誰かに伝えるべきだが、口頭では上手く表現できないためここに記す。

さ、どう思ったのか。1時間前私は「工場の住み込みバイト」を検索していた。
なぜか。京都でシェアハウスがしたかったのではないのか。計画・作戦とは無理だと判断したとたんそれはただの目標になる。私はそんなすぐにもう挫折したくない。

まず、工場の住み込みは大学生はできない。インディードで検索かけても出てこなかった。夜勤で平日働く環境は大学生には向いていない。私は思った。大学生て時間はあるのに働くのには向いていない。当然だろう。勉強のために大学に行ってる。このあと残された2年間をどう過ごせば良いか。

工場の住み込みバイトは寮費も無料で高収入。だからこれは弟にでも紹介しよう。

返事待ちで待っていた物件が1つは「女性限定」だった。これは仕方がない。
もう一つは京都の金閣寺の近くで月1万以下だと言うお返事がきた。2か月はしばらくそこでウーバーイーツもできるし、いざとなったら大学に行ける距離、実家にも帰れる利点から今の候補はそこになりそう。同志社前だった気がする。わざわざ違う大学の前に住むのはどうかしてるかもしれないが、それもそれで面白い。

まずは、お金を貯める。おじいちゃんの車が眠っている。ばっちゃんは誰でも使ってくれたら嬉しいと言ってくれてる。僕はおじいちゃんが好きだった。色んな国を仕事をして怖い顔を時々するけど、いつも優しくて威厳があった。僕はそのおじいちゃんが乗っていた車を修理して走ってみたい。維持費とメンテナンスで50万は準備していた方が良いだろうか。大学生中に自分で車を持つのは1つのあこがれであり、夢だ。友達と色んな場所にドライブしてみたい。

そう言えば、大阪の物件も探していたw僕はどこでも良いと言うのだろうか。
大阪は僕にとってなんだか合わない気がしてきた。静かそうな京都と言えばどちらの地域も怒るだろうか。とにかく自立したい気持ちが強まっているのは確かだった。

名前を変えることにした。1日も経っていないがw

「完全自立型大学生までのカウントダウン」

なんだかロケットエンジンにありそうな、ないかw
住む場所・人・仕事を変えるというのはそう簡単ではないか。

このままでは思考がまた回転し色々考えてしまっている。考えは行動してないので考えるだけ不安と期待はつもる。大事なのは早く行動して考えれば、早く行動した分だけ取り返しがつく。

でも、気が付けば頭痛は収まっていた…