UberEATS配達員になるためにまず必要な3つのこと

syohei 1

Uber Eatsとは、海外でスタートしたハイヤーの配車サービス「Uber(ウーバー)」を応用した、新機軸の「料理宅配サービス」です。

自社のサービスでは宅配を行っていない飲食店もUber Eats(ウーバーイーツ)から注文できるため、たくさんの飲食店をデリバリーで味わえるのが特徴です。

アプリで簡単に料理とデリバリーサービスの注文ができることから、手軽な食事を楽しめる手段として話題になっています。

自宅や職場にいながら、あらゆる飲食店を選択できるシステムが構築されていることから、Uber Eatsは日々の食事を彩るきっかけになるサービスだといえるでしょう。

Uber Eatsは、これまで主に海外が活動の主流でしたが、2016年には日本でもサービスが開始されました。

料理を注文するユーザーとしてだけでなく、配達パートナーとして働く形でも参加できることから、魅力的な副業としても注目を集めています。

今後は、サービスのエリア拡大に伴ってユーザー数と配達パートナーのさらなる増加が見込まれるため、より一般的なデリバリースタイルとして定着することでしょう。クーポンを利用すれば初回注文1,000円オフ!

・入力コード:BITDAYSQ220
・有効期限:2020年6月30日まで

Uber Eats フード注文はこちらから

2020年年5月現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)が使えるエリアは以下のようになっています。

地域エリア
東京23区のほぼ全域、西東京の一部、八王子、町田
埼玉さいたま市・戸田市・蕨市・川口市・草加市・新座市・和光市・朝霞市・志木市の一部地域
千葉市川市・船橋市・千葉市・習志野市・浦安市
神奈川横浜市、川崎市の一部
愛知名古屋市の一部
大阪大阪市・東大阪市・八尾市・豊中市・吹田市の一部地域
京都京都市の一部地域
兵庫神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市の一部地域
福岡福岡市、久留米市、北九州市の一部地域
広島広島市内3区(中区・西区・南区)の一部地域、福山市内の一部地域
岡山岡山市(中区・北区・南区の一部地域)
愛媛松山市の一部地域
香川高松市の一部地域
宮城仙台市の一部地域
石川金沢市一部地域
富山富山市の一部地域

【住まい地域の確認】まず、1つ 地域エリアが限定されている。

上の地域に当てはまらない人も配達員はできるが、そこまで移動しなければならない。暇な時や体を動かしたいときに、配達し身体を動かす。家でずっといるより、外に出るきっかけができるのが良いとこだ。もし地域エリアにお住まいの方は地域エリア外の人には配達が難しいことを知って頂きたい。↑参照

【準備資金の準備】次にUber Eats(ウーバーイーツ)限定バッグ4000円必要。

私は、住所や名前を入力し手続きを終えるまで知らなかったのですが、Amazonから購入が義務付けられている。もちろん、持っている人からもらうこともできるが、バッグは必ず4000円かかる。だいたい、1回の配達で4000円は平均に稼ぐことができるみたいだ。

【配達時給の換算】最後に、稼げる額を計算する。

Uber Eats配達パートナーの報酬額は以下のように計算します。配達パートナーへの支払い金額の基本

支払い=基本料金×ブースト率+インセンティブ料金-サービス手数料

地域・天候・体力によって注文を受ける回数が変動すれば、報酬額も変わってきます。また、雨の日やランチタイム時は報酬が1.1~2倍ほど上がるエリアもあるようです。
人それぞれ異なりますが、Uber Eats配達パートナーの報酬を時給で換算すると、相場は900円~1,200円になります。

One thought on “UberEATS配達員になるためにまず必要な3つのこと

  1. future success with hydroxychloroquine federal [url=https://hydroxychloroquined.online/ ]hydroxychloroquine and kidney function[/url] reperfusion therapy is hydroxychloroquine over the counter medication

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

88 − = 84

Next Post

自転車は無料で貰える時代?!

無料で自転車を提供している場所というのは 西宮市の総合処理センター というところだ。 もういらなくな […]

Subscribe US Now